公式LINEでは、スマホ・パソコンのお役立ち情報無料配信中!いまさら聞けない質問にも無料対応!

当たり前な節電の話

節電
スポンサーリンク

言われてみたら当たり前な節電対策の話

夏になってから政府からも「無理のない節電」のお願いが発令されています。 熱中症での死者がでているので、無理をしては危険です。

「無理のない節電」とは?

僕は今の仕事を始めるずっと前、空調機のメンテナンスなどの仕事をしておりました。
そこで当たり前のようにやっていた仕事が、 ”フィルター掃除”です。
一昔前のエアコンや、低価格のエアコンには、自動清掃機能がついていません。
自分で清掃しなければなりません。 詰まったフィルターでは、吸い込む空気が少なくなり、冷房効果が極端に下がります。

そのため、部屋を冷やすために一生懸命運転します。スマホでもお馴染み、家電メーカーのシャープさんも呼びかけています。
フィルターを掃除するだけで冷房効果も高まり、簡単に節電ができるのです。

「無理のない節電」とはこの事です。電力がひっ迫して計画停電にならないよう、心がけたいものです。 暑さを感じにくい方は、部屋に温度計を置きましょう。
体感温度と実際の温度は違います!28度を超えていたら危険!

これは夏だけではなく、冬でも同じ事です。

冷暖房のエアコンは、冬になると夏とは逆の原理で運転しています。コンプレッサーは夏も冬も稼働しています。エアコン本体に電熱ヒーターが付いているわけではないんです。
電熱ヒーターよりも節電効果が高いとはいえ、設定温度の上げすぎは節電になりません。

夏は室外機から温風がでるように、冬は室外機から冷風がでてきます。
気温が低くなると、霜が付きます。その霜を溶かすために、デフロストと言う運転をします。
温風が一時的に止まるのは、そのせいです。

エコキュートも、エアコンと同じ原理で運転されています。深夜電力を使ってさらに電気代を安くあげるようになっています。火を使わないので、安全かつ燃料費がかかりません。

ヒートポンプとか、ガスヒーポンっていうのがこれにあたります。

エアコンやエコキュートの仕組みがわかりやすいページ

節電のためになる情報はこちら